データ管理

マークイットのエンタープライズデータマネージメントサービス(EDM)は、、市場、取引、銘柄、カウンターパーティデータ等、金融機関内で幅広く利用されるデータのセンター・ハブとして、データの取得、分析、マッチング、監査証跡、ワークフロー、例外処理等の機能を提供します。データガバナンスを確立させ、リスク管理やコンプライアンス業務において、また、金融機関の業務効率化する際に役立つ機能を提供します。

マークイットのエンタープライズデータマネージメントサービス(EDM)は、データ・ガバナンスとアカウンタビリティプロセスにより、金融機関の収益を高め、コストを管理し、複雑さを最小限に抑え、コンプライアンスや規制のニーズを満たします。更に高品質なデータに基づく遅延なく意思決定を行う事が可能となります。

商品情報をメールで送信する

ご利用のメールシステムを利用し、商品情報を送信します。

送信

SNSで情報をシェアする

問い合わせ

マークイットの担当者へ問い合わせる。

商品概要

マークイット企業データ管理(EDM)は、企業が十分に監査された一貫性のある環境においてデータを取得、検証、集積、及び配信する中核的機能の役割を果たします。このプラットフォームは、あらゆる種類のデータを一元化した上で、実体のあるデータのガバナンス、リスク管理、及びコンプライアンスの枠組みを提供しています。お客様は、ベンダーの管理や買収コストの削減などのデータのサプライチェーン全体において、コストの抑制及び管理が可能となります。また、フロントオフィス、ミドルオフィス、及びバックオフィスの機能を効率化し、古いプラットフォームを安全に更新し、アウトソーシング(BPO)に際して絶縁層を設けることが可能です。 

マークイット・アナリティクスは、幅広いアセットクラスを対象に、社内全体のリスク管理体制に拡張性と効率性を有する統合された一連のソリューションを提供しています。その完全に相互作用的なインターフェースに基づき、ダイナミックでリアルタイムのリスク報告書の作成や、結果の詳細な分析が可能となります。マークイット・アナリティクスは、サーバーグリッド上のソフトウェアを活用することによって、金融機関の極めて変動的なコンピューター・システムのニーズをサポートしています。このソリューションの設計は柔軟性が高く、開放構造であることから、お客様は新しいモデルを非常に簡素にカスタマイズしたり統合したりすることができます。